選考結果発表 シェフ・パティシエを目指す学生のみなさん、感動の作品を作ってみませんか? 酒井シェフ

地元の「若きシェフ・パティシエの卵」の飛躍を願い企画した、「第一回 料理甲子園2012」多数のご応募いただき誠に有難うございました。

IKKの支店がある福岡・佐賀・大分・宮崎の九州4県に在学または在住するシェフ・パティシエ志望の高校生・専門学校生を対象に、「感動」をテーマとしたフレンチ・イタリアン、デザート、和食などの披露宴料理を、2012年4月1日から3ケ月間募集し、厳正な審査を経て、事前の審査で8名の方を候補者に選び、8月25日中村調理製菓専門学校(福岡市中央区)で最終審査を開催しました。

コンテスト

当日、選ばれた8名の方がそれぞれ考案したレシピに沿って料理を作り、それぞれの想いを込め、 料理を作っていました。

そして審査員の中から各受賞が発表されました。

今回、特別審査員として"フレンチの鉄人坂井宏行"シェフにも審査していただきました。



受賞者

IKK賞 特別審査員賞
その他受賞者一覧

総評

選ばれた8名の料理がどれも今回のテーマである「感動」にあった作品だったと思います。
どの料理の作品も熱い想いが伝わってくる、優劣がつけがたい作品ばかりでした。

IKKの取締役調理部長のコメントして、
「披露宴の料理は、お世話になった方、これからお世話になる方をおもてなしして感謝の気持ちを伝える、とても大切なものです。そのお手伝いをする責任はとても大きいですが、それだけにやりがいのある仕事です。また、料理で感動を与えるというのは、すべての調理人共通のミッションであり、醍醐味ではないでしょうか。将来社会に出た際も、こういった気持ちを忘れることなく、立派なシェフ・パティシエとして活躍されることを期待しています。」

最後に、今回の第一回料理甲子園を開催するあたり、多くの企業様に協賛いただきましたことを、厚く御礼申し上げます。

記念撮影

(写真)トロフィーを掲げるIKK賞受賞の長倉さんと、特別審査員賞受賞の勝野さん(前列左から2人目)ほか、出場者と審査員らによる記念撮影

料理製作協賛

株式会社トーホーフードサービス、株式会社マツヤ、株式会社シーボン福岡

会場協賛

中村調理製菓専門学校

spacer